ひざサポートコラーゲンを飲む人、飲まない人とで違いが出る?

ひざサポートコラーゲンは膝関節の動きを助ける効果があるとされるサプリメントです。

このサプリメントを飲んでいる人と、飲んでいない人との差はあるのでしょうか。

何か大きな違いはあるのでしょうか。

【臨床試験の結果では】

ひざサポートコラーゲンは、多くの膝関節のサプリメントの中では珍しく、臨床試験を行っています。

臨床試験は、膝関節に何らかの症状があるが病院には行っていないという40歳から78歳までの男女29人を対象に行われました。

15人にはひざサポートコラーゲンを、14人にはプラセボ(ひざサポートコラーゲンに似せた粉末)を飲んでもらい、効果を見たのです。

試験は16週間に渡って行われましたが、飲み始めて8週目くらいでひざサポートコラーゲンを飲んだ人たちの中にはひざの曲げ伸ばしが楽になったという効果がありました。

プラセボを飲んでいた人たちは、やはり何も変化はなく、良い効果はみられていません。

【飲まないより飲んだ方が良い】

膝関節に自信がない人、少し痛みが出始めているという人は、やはり飲んだ方が良いと思われます。

痛みが無い時から飲み始めていれば、軟骨成分を少しずつ補っているので急激に減ってしまうことは防げるはずです。

魔法の薬ではありませんので、急激に良くなることはありませんが、予防効果にはなると言えます。

【即効性はないけれど】

ひざサポートコラーゲンは健康食品ですから、薬のように1週間飲んだら効くというものではありません。

気長に続けることで、ゆっくりと効果が出てくるものです。

即効性はありませんが継続して飲むことで、膝関節が楽に動かせることがわかってくるのです。